狩野正信(かのう・まさのぶ) 1434?~1530?

生涯と解説

後に約400年続く狩野派の始祖と言われているのが、狩野正信です。
上総国伊北荘大野(いまの千葉県夷隅町大野地区)に生まれました。
室町時代当時の将軍義政によって 幕府の御用絵師に任命されました。
中国の水墨画と日本の大和絵を融合させた画風は,
室町時代の東山文化に好んで受け入れられたと言われています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析