狩野永徳(かのう・えいとく) 1543 – 1590

生涯と解説

京都で生まれた安土桃山時代の絵師です。
狩野松栄の子であり、狩野元信の孫にあたり、
江戸時代の狩野派様式を確立させた狩野探幽の祖父です。

代表作は三の丸尚蔵館所蔵の唐獅子図屏風が有名です。
当時の大阪城や安土城の襖絵などを担当したと言われています。
しかし戦乱などでほぼすべて焼失してしまったので、
それがなければ・・と思うと悔やまれます。
そのためもあり、現在まで残されている作品はかなり少ないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析