「パリの浮世絵師 アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』」 ニューオータニ美術館 (2006/9/9-10/22)

ニューオータニ美術館では、9月9日から10月22日まで「パリの浮世絵師 アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』展」が開催されます。

チラシより

ニューオータニ美術館の所蔵作品の中から、『エッフェル塔三十六景』に加え、ジョルジュ・オーリオル(1863-1938)、アンリ=シャルル・ゲラール(1846-1897)のジャポニズム版画をご鑑賞いただきます。

フランスで流行したジャポニズムの版画作品展という趣ですね。

『エッフェル塔三十六景』は過去何枚か見たことがあります。もうタイトルからして北斎の「富嶽三十六景」の影響は明らかです。でも作品はすばらしいものに仕上がっていると感じました。そして今度また見れる機会があるということで楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析