「藤原道長展」 京都国立博物館

どんな展覧会?

京都国立博物館ホームページより

平安時代の貴族の日記や、仏画・彫刻といった様々な作品約140件を通して、道長の極めた栄華、そして浄土への願いを紹介します。

藤原さんといえば、最近、女優の藤原紀香さんが婚約されてマスコミの賑わせていましたが、道長さんも負けるわけにはいかない・・というわけで、平安時代の摂関政治における超中心人物である藤原道長(966~1027)。その彼に関する展覧会が京都の博物館で開催されるというのは、ちょっと美術ファンとしては、そのテーマだけでも「想定外な」感じです。
意表を突かれたといいますか、「藤原道長展かーなるほどー。藤原道長と来ましたか」なんて意味もなくつぶやいてしまいました。

学校へきちんと行っている生徒さんならば、誰もが知っている平安時代の超有名人なのですが、「藤原道長展」なんてありそうで無かった展覧会。
思わず変なところで感心してしまったわけですが、どんな内容なのでしょうか。かな文字とか和歌とか、いかにも日本的なモノが確立された
いわゆる藤原時代美術(院政時代も?)を知る良い機会ですね。

しかし、国宝や重要文化財てんこ盛りの内容とはいえ、いささかマニアックなものかもしれません。
例えば大学の受験生にはあんまり参考にはならなかったりして。
・・・だけれども、見るのと見ないのとでは大違いですから、
なにしろ藤原道長ですから、関西地方の中・高校生はもちろん、幅広い年齢層におすすめと思われます。

「この世をば我が世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたることもなしと思へば」という和歌はこれまた有名で、覚えてしまっている方も多いと思いますが、
大人になってこの和歌を詠むと、「この世は私の世の中だ」、なんてはっきり言いのけてしまう道長さんとは仕事で付き合うのは大変だと思ったり・・只者ではないことは確かですねえ。

道長直筆と言われる、国宝《御堂関白記》は一度見たことありますが、もう一度みたいです。必見のお宝です。道長の人柄がそこに表れているのです。

日程、場所

会場 京都国立博物館
日程 2007年4月24日(火)~5月27日(日)
開館時間 9:30~18:00(金曜は20:00まで。入場は閉館の30前まで。)
休館日 5月7日、5月14日、5月21日

—-スポンサード・リンク—-

美術展・展覧会チケットなら@電子チケットぴあ
チケットぴあのサイト「電子チケットぴあ」からチケット購入できます。@ぴあ会員登録は無料です。展覧会名を検索してみましょう。

自宅で選べる美術品 掛軸、絵画、美術工芸品のトップアート
ゴッホやダ・ビンチの複製画から、北斎の浮世絵版画まで取りそろえています。ミュージアムグッズや、文具もあります。お部屋のインテリアとしてどうぞ。

美術館近郊のホテル・宿を探してみましょう。ホテルや宿の予約サイト集
ホテルや宿の宿泊施設予約サイト集です。
遠くから訪れて美術館めぐりなどする際、利用してはいかがですか?
サイト登録はすべて無料です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析