「生誕100年 靉光展」 東京国立近代美術館、他

日程、場所

会場 東京国立近代美術館
日程 2007年3月30日(金)~5月27日(日)
開館時間 10:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日 毎週月曜日*但し4月2日と4月30日は開館
観覧料 一般  1,300円 (1,100円/900円)
大学生  800円 ( 700円/500円)
高校生  400円 ( 300円/250円)
*中学生以下、障害者(付き添い1名)は無料。
*カッコは前売/20名以上の団体料金の順。
前売券は3月1日より、JR東日本の主なみどりの窓口・びゅうプラザ、チケットぴあ(電子チケットぴあ)、ローソンチケット、セブンイレブンなどで発売予定。
*上記料金で入館当日に限り、同時開催の「リアルのためのフィクション」、「所蔵作品展 近代日本の美術」も観覧可。

会場 宮城県美術館
日程 2007年6月9日(土)~7月29日(日)

会場 広島県立美術館
日程 2007年8月10日(金)~10月8日(月)

開催内容

毎日新聞ホームページより

昭和の戦前・戦中期に、きわめて個性的な作品を描き、近代日本美術史上に大きな足跡を残した画家、靉光(あいみつ)。このたび彼の生誕100年を記念する回顧展を開催します。

細密で幻想的な一連の作品は、シュルレアリスムの影響を思わせつつも、けっしてその一言では片付けられない独自性と“謎”に満ちています。

本展のチラシやポスターに大きく載っている《眼のある風景(1938年)》という作品は、東京国立近代美術館の常設で何度か見ていますが、そんなに大きくない作品です。しかしチラシなどではとても大きい作品に見えます。作品の持つ力強さゆえでしょうね。

戦争によって、わずか38歳で戦病死した靉光(あいみつ)(本名:石村日郎、1907-1946)は、美術ファン以外はほとんど知られていないでしょうけども、近代日本美術史において重要な画家になってきています。

本展では彼の代表作130点が出品されるようです。一般向きな展覧会ではないでしょうけども、興味をそそられる内容に思いますから、すこし骨のある(?)展覧会を見たい方には良いのではないでしょうか。

—-スポンサード・リンク—-

自宅で選べる美術品 掛軸、絵画、美術工芸品のトップアート
ゴッホやダ・ビンチの複製画から、北斎の浮世絵版画まで取りそろえています。ミュージアムグッズや、文具もあります。お部屋のインテリアとしてどうぞ。

美術館近郊のホテル・宿を探してみましょう。ホテルや宿の予約サイト集
ホテルや宿の宿泊施設予約サイト集です。
遠くから訪れて美術館めぐりなどする際、利用してはいかがですか?
サイト登録はすべて無料です

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析