近代洋画の巨匠たち展 泉屋博古館分館(2006/8/5-10/9)

8月5日(土)から泉屋博古館分館(せんおくはくこかん)では近代洋画がたくさん観られるようです。

公式サイトによると、

浅井 忠、三宅克己の水彩画、
藤島武二「幸ある朝」、
岡田三郎助「五葉蔦」、
山下新太郎「読書の後」、
松山省三「芝居茶屋の娘」、
渡辺ふみ子(亀高文子)「離れ行く心」、
渡辺與平「ネルの着物」
和田英作「こだま」、
梅原龍三郎「姑娘卿々弾琵琶図」、
岸田劉生「麗子六歳之像」、「二人麗子図(童女飾髪図)」、
中川紀元「少女」、
小磯良平「踊り子二人」、
森 芳雄「女性たち」
藤島武二「大王崎」「室戸遠望」、
熊谷守一「野草」「鴨跖草(つゆ草)」、
坂本繁二郎「二馬壁画」、「箱」、
梅原龍三郎「北京長安街」、
岸田劉生「晩秋の霽日」「自画像」「冬瓜葡萄図」、
曾宮一念「ザボン」

といった内容です。日本近代洋画好きの方にはどうでしょうか。
さすが住友コレクションといった感じです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析