「ポンピドー・センター所蔵作品展 異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005展

2007年の春、六本木に「国立新美術館」が誕生します。
そのオープン記念展が「ポンピドー・センター所蔵作品展 異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005展」です。

公式サイト:ポンピドー・センター所蔵作品展 異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005展

日程

会期:2007年2月7日(水)~5月7日(月)

美術展・展覧会チケットなら@電子チケットぴあ
(イベントチケットの情報・販売サイト「@電子チケットぴあ」です。)

開催内容

パリに集い、パリで創作した20世紀初頭から現在までの外国人芸術家たちの作品、約200点を展示します。

コメント

ピカソ、シャガール、モディリアーニ、キスリング、ジャコメッティ、マン・レイなどの作品が展示されるそうです。ポンピドー・センター所蔵の近代作品を集めて展示するという内容で、なぜに「パリ」がテーマなのか良くわかりませんが、名品が見れるのはやっぱりたのしみなことです。

一般当日券が1500円と通常より高めなので、前売りの1300円を前もって購入しておいたほうがよさそうです。

しかしー「新美術館」なんて年月経てば。なにごとも「新」でなくなるのですが・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析