国宝「随身庭騎絵巻」と男(をとこ)の美術 大倉集古館(6/3~7/30)

開催内容

大倉集古館が所蔵する国宝「随身庭騎絵巻(ずいじんていきえまき)」(鎌倉時代)は平安末期及び宝治元年(1247)に実在した随身9名を描いたものです。“似絵(にせえ)”の代表的作例として知られています。この特別公開を中心に、日本美術に登場する「男の中の男」をスポットに当てた展示内容です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析