「戸方庵井上コレクション名品展」 板橋区立美術館

開催内容

「戸方庵(こほうあん)井上コレクション」は群馬県高崎市出身の実業家・井上房一郎(いのうえ ふさいちろう)氏(1898~1993)が集めたコレクションで、1962年に群馬県立近代美術館へ寄贈されました。現在では230点を所蔵されている一大コレクションです。

この展覧会では、コレクションの中から、中国絵画・室町水墨画・琳派・南画・近世禅僧画など、重要文化財を含む名品を69点選び、一挙に公開しています。今回、東京で初めて本コレクションがまとめて公開されます。

日程、場所などは?

会場 板橋区立美術館
日程 2006年11月25日(土)~2007年1月14日(日)
開館時間 午前9:30から午後5:00(入館は午後4:30まで)
休館日 月曜日(但し、1/8は開館し、翌日は休館)年末年始(12/28~1/4)
観覧料 一般600円、高校・大学生400円、小・中学生150円
土曜日は小・中・高校生は無料で観覧できます。
20名以上団体割引、65歳以上高齢者割引、障がい者割引あり。
注意事項 展示替えにご注意ください

扱う主な作家は?

(伝)牧谿、(伝)蛇足、雪村周継、(伝)狩野元信、(伝)狩野永徳、(伝)狩野山楽、狩野探幽、海北友松、岩佐勝以(岩佐又兵衛)、俵屋宗達、尾形光琳、尾形乾山、中村芳中、酒井抱一、池 大雅、浦上玉堂、岡田米山人、円山応挙、葛飾北斎、谷文晁、司馬江漢、白隠慧鶴

ひとことコメント

上記にように、扱う主な作家を並べてみてもかなり豪華です。
「戸方庵(こほうあん)井上コレクション」は、数ある日本美術の個人コレクションの中でも重要な位置づけにあるコレクションです。
日本美術ファンは見ておきたい展覧会ですね。

—-スポンサード・リンク—-

美術展・展覧会チケットなら@電子チケットぴあ
チケットぴあのサイト「電子チケットぴあ」からチケット購入できます。@ぴあ会員登録は無料です。展覧会名を検索してみましょう。

自宅で選べる美術品 掛軸、絵画、美術工芸品のトップアート
ゴッホやダ・ビンチの複製画から、北斎の浮世絵版画まで取りそろえています。ミュージアムグッズや、文具もあります。お部屋のインテリアとしてどうぞ。

美術館近郊のホテル・宿を探してみましょう。ホテルや宿の予約サイト集
ホテルや宿の宿泊施設予約サイト集です。
遠くから訪れて美術館めぐりなどする際、利用してはいかがですか?
サイト登録はすべて無料です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析