「巴里憧憬-エコール・ド・パリと日本の画家たち」 埼玉県立近代美術館

開催内容

この展覧会では、モディリアーニ、シャガールら西洋の巨匠たちの珠玉の作品によって
エコール・ド・パリの輝きを紹介するとともに、
この時期にパリを訪れた日本の画家たちの動向に焦点を当て、
彼らの巴里憧憬の夢の軌跡を追いかけます。

日程

[会場]埼玉県立近代美術館

[日程]2007年1月6日(土)~2月12日(月・休)

[開館時間]午前10時~午後5時30分(入場は閉館の30分前まで)

[休館日]毎週月曜日【ただし、1月8日(月・祝)、2月12日(月・休)は開館】
※祝日の翌日〔1月9日(火)〕は、開館。

主な出品作品

■モディリアーニ《若い農夫》1918年頃
■モディリアーニ《ルニア・チェホフスカの肖像》1917年
■岡鹿之助《積雪》1935年頃
■佐伯祐三《門と広告》1925年
■佐伯祐三《ロシアの少女》1928年
など

出品作家

■モディリアーニ
■スーチン
■パスキン
■ドンゲン
■シャガール
■ローランサン
■ユトリロ
■キスリング
■アーキペンコ
■ブランクーシ
■リプシッツ
■ザツキン
■藤田嗣治(ふじた つぐはる)
■海老原喜之助(えびはら きのすけ)
■高野三三男(こうの みさお)
■小柳 正(こやなぎ せい)
■板東敏雄(ばんどう としお)
■高崎 剛(たかさき たけし)
■出島春光(でじま しゅんこう)
■古城江観(こじょう こうかん)
■蕗谷虹児(ふきや こうじ)
■金子光晴(かねこ みつはる)
■原 勝郎(はら かつろう)
■三宅克己(みやけ こっき)
■矢崎千代二(やざき ちよじ)
■田中 保(たなか やすし)
■清水登之(しみず とし)
■黒田重太郎(くろだ じゅうたろう)
■小野竹喬(おの ちっきょう)
■土田麦僊(つちだ ばくせん)
■結城素明(ゆうき そめい)
■広島晃甫(ひろしま こうほ)
■里見勝蔵(さとみ かつぞう)
■前田寛治(まえだ かんじ)
■伊原宇三郎(いはら うさぶろう)
■児島善三郎(こじま ぜんざぶろう)
■中山 巍(なかやま たかし)
■佐伯祐三(さえき ゆうぞう)
■荻須高徳(おぎす たかのり)
■熊岡美彦(くまおか よしひこ
■斎藤豊作(さいとう とよさく)
■児島虎次郎(こじま とらじろう)
■長谷川 潔(はせがわ きよし)
■岡鹿之助(おか しかのすけ)
■板倉 鼎(いたくら かなえ)

展示構成

【第Ⅰ部】魅惑のエコール・ド・パリ

【第Ⅱ部】エコール・ド・パリの日本人画家群像
(1)目指せ!エコール・ド・パリの頂点-藤田嗣治とその追従者たち-
(2)テクニク・オリエンタル!-エコール・ド・パリの日本画家-
(3)芸術の都パリ-画家たちの聖地巡礼-
(4)美術思潮の伝道者たち-留学生がみたエコール・ド・パリ-
(5)ヴェヌヴェルの静寂のなかで-斎藤豊作の交友-

チケット情報

一般1,000円(800円)、大高生800円(640円)
※( )内は前売、団体20名以上の料金
中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料。
※前売券は埼玉県立近代美術館にて発売。

コメント

全国に巡回されてきたこの展覧会がようやく関東圏にやってきました。
以上のようなラインナップからして、結構魅力的な内容です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析