「国立ロシア美術館展 ロシア絵画の神髄」 東京都美術館、他

2007年春から開催される「国立ロシア美術館展」が5つの美術館を巡回します。

開催地

東京都美術館 2007年4月28日(土)~7月8日(日)
金沢21世紀美術館 2007年8月25日(土)~9月24日(月・祝)
愛媛県美術館 2007年10月3日(水)~11月11日(日)
サントリーミュージアム[天保山]2007年11月20日(土)~2008年1月14日(月・祝)
東京富士美術館 2008年1月24日(木)~3月23日(日)

1年間巡回する感じですね。東京に始まって東京に終わるようです(笑)

開催概要

早くも公式ホームページが開設されています。

本展では、同館の厳選されたコレクションから約80点の絵画、彫刻、工芸により、18世紀後半から20世紀初めまでのロシア美術を日本で初めて紹介します。

日本にはまだロシア美術(絵画)についてなじみが無いかもしれませんが、どんな作品が出品されるのかはやはり気になるところです。

国立ロシア美術館について

国立ロシア美術館のホームページを覗いて予習してみましょう。

まずは、アクセスしてみましょう。そしたらロシア語がわからない方は、英語ならわかるということで(笑)右上の端にenglish versionという文字が見えますからこれをクリック。はい英語バージョンになりました。

そしたら真ん中上の「collections」というのがありますから、クリックしてみましょうか。

今度はリストになっているのが見えますからその中から「Painting」をクリック。

すると下の方にずらり絵画の小さな画像(サムネイル)がいくつか見えました。いい感じですね。

もう1ページあるようですから上の「foward」をクリックしてみましょう。はい同じように出てきました。なかなかな絵がそろってますね。

その中から何か気に入った作品をクリックすると大きくなります。

これら中からいくつか本展に出品される感じでしょうか。好印象な感じなので期待できますね。

チケットを探してみましょう

美術展・展覧会チケットなら@電子チケットぴあ
下の【エリア別アートチケットを探す】にて「国立ロシア美術館展」と検索してみましょう。

開催地近郊のホテル・宿などの紹介

上野・谷中近郊のホテル・旅館案内

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析