「モネ展」 国立新美術館

どんな展覧会?

国立新美術館(2007年1月21日(日)から開館)で、
2007年春、最大規模の「モネ展」が開催です。

  • 会期:2007年4月7日(土)~7月2日(月)
  • 時間:10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで。金曜は20:00まで)
  • 火曜休館ただし5月1日は開館

チラシより

本展には、フランスのオルセー美術館をはじめ、アメリカのメトロポリタン美術館やボストン美術館、日本の国立西洋美術館といった国内外の主要コレクションからおよそ90点のモネの名作が集められ、その数は日本で開催されたモネ展では最大規模となっています。

90点ですか。最大規模にしてはすこし少ないかなとは思いますが、ともあれ楽しみであることはまちがいありません。

  • ■モントルグイユ街、1878年6月30日の祭り(オルセー美術館)
  • ■ヴァランジュヴィルの釣り人の家(ボストン美術館)
  • ■船遊び(国立西洋美術館)
  • ■かささぎ(オルセー美術館)
  • ■エプト川のポプラ並木(オルセー美術館)
  • ■庭のカミーユ・モネと子供(ボストン美術館)
  • ■サン・ラザール駅(オルセー美術館)
  • ■ゴーディベール夫人(オルセー美術館)
  • ■睡蓮(ホノルル美術館)
  • ■日傘の婦人(オルセー美術館)

以上がチラシでわかる範囲です。「モントルグイユ街」「ゴーディベール夫人」はぜひ実物見てみたいです。あとどんなモネが出品されるのでしょうか。

私は2002年に名古屋市美術館や川村記念美術館で開催された「モネ-睡蓮の世界-展」をものの見事に見逃して、図録だけは購入したものの、とても悔しい思いをしていますので、そのかりを返す意味でも、いまからモネの予習しておきます(笑)

国立新美術館の地図

国立新美術館は平成19年4月時点、まさしく新美術館なので下の地図には載っていない(地図が現実に追いついていない)可能性があります。ご了承ください・・・しかし、まちがいなく場所はこの辺です。

新国立美術館近郊のホテル・宿を探してみましょう

【東京】赤坂・六本木にある美術館周辺のホテル・宿を探す

周辺の飲食店は?

「赤坂・六本木・麻布」のエリアの飲食店は?

モネのポスターをお部屋にどうぞ

複製画は無理でも、モネのポスター1枚ぐらいは飾ってみたい・・・

アート専門のポスター販売サイト「アート・オブ・ポスター」では2000円台から3000円台まで
の手頃な価格でモネのポスターが手に入りますよ。

モネのポスターをお部屋に

モネに関する本

特におすすめなのは、「西洋絵画の巨匠 (1) モネ」ですね。

写真がとても綺麗で、本自体もほどほどの大きさ。

これで十分満足できるでしょう。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析