「 展覧会感想集 」カテゴリー

NO IMAGE

「美術のなかの写-技とかたちの継承展」鑑賞の感想

三井記念美術館で開催中-「美術のなかの写-技とかたちの継承展」の観にいった感想を記したいと思います。 陶芸や能面もありましたが、メインともい

記事を読む

NO IMAGE

「プライス・コレクション若冲と江戸絵画展」鑑賞

7月29日、プライス・コレクション展に行ってきました。空は曇りでしたが蒸し蒸しした暑い日でした。

記事を読む

NO IMAGE

『花鳥-愛でる心、彩る技(若冲を中心に)』展 第4期を観て

2006年3月から9月にかけて、伊藤若冲の「動植綵絵」全30幅が5回に分けて観られますが、その内の第4期を観ました。第3期を私は見逃してしま

記事を読む

NO IMAGE

「国宝『随身庭騎絵巻』と男の美術」展を見て

国宝の『随身庭騎絵巻』を実際見るのはこれで2回目です。 描かれた時期は鎌倉時代ですが、その絵巻に描かれている9人の随身たちは、 実在したと

記事を読む

NO IMAGE

一部話題の五百羅漢図を見る

たぶん一カ月に一回は行くであろう東京国立博物館の常設展へ行ったのだが、 一番の目的は狩野一信(かのうかずのぶ)の五百羅漢図という掛け軸を見る

記事を読む

NO IMAGE

ポーラ美術館の印象派コレクション展

「ポーラ美術館」はまだ行ったことがないので、 一度は行ってみたいと思うのだけど、 いかんせん千葉の田舎から箱根までが遠すぎる。

記事を読む

NO IMAGE

[展覧会感想]大いなる遺産 美の伝統展(3)-佐竹本・三十六歌仙絵巻切断事件

前回のつづき 東京美術倶楽部の一階にて食堂室みたいなところの壁一面に 展示してあった美術関係史。 そのなかに、目を引く文を発見。 「佐竹本

記事を読む

NO IMAGE

[展覧会感想]大いなる遺産 美の伝統展(2)

(前回のつづき) 「東京美術倶楽部」での展示は3階と4階だったけど、 出入口である1階では、荷物のロッカー、ビデオ映像室、 簡単なお茶や食

記事を読む

NO IMAGE

[展覧会感想]大いなる遺産 美の伝統展(1) 

「東京美術倶楽部」という組織があるなんて美術鑑賞ばかりしているわりには そういうのを知らなかったする・・・なんて別に美術商の仕事しているわけ

記事を読む

NO IMAGE

書の至宝展 IN 東京国立博物館(3)

前回のつづき 東京国立博物館所蔵で別名「大聖武(おおじょうむ)」とも言われる 「国宝 賢愚経残巻(けんぐきょうざんかん)」は、 奈良時代の

記事を読む

NO IMAGE

日本語は中国生まれ(?!)-書の至宝展 IN 東京国立博物館

(前回のつづき) 書の世界については良くわからないまま展覧会鑑賞に臨んだ展覧会。 頭の中は「はてな状態」のまま会場内をぐるぐる回って 「な

記事を読む

NO IMAGE

書の至宝展 IN 東京国立博物館

もうすぐ終わってしまう、 ということで東京国立博物館でやってる「書の至宝」展へ、 ということで中国と日本の昔のお宝たる書が一堂に展示している

記事を読む

NO IMAGE

珠玉の常設展 ブリヂストン美術館

久々にブリヂストン美術館へ行きました。 東京駅八重洲口から歩いて5分ぐらい。 休日の東京駅前はあいかわらず閑散としています。

記事を読む

NO IMAGE

2005年振り返る

今年も毎週一回のペースで美術館へ行きました。 毎週美術館へ行くのが習慣みたいになってどのくらい 経っているのかもうわからないくらいです。

記事を読む

NO IMAGE

海へ行きたいなと思った絵画たち

スコットランド国立美術館展を見にBunkamura・ザ・ミュージアムへ先日行ってきましたが、スコットランドってどこだか知らないのに 「スコッ

記事を読む

NO IMAGE

ある江戸絵画の出会い

この間行った東京国立博物館で見た絵をちょっと紹介。 こういう絵が私は好きです。 名作集とかの書籍には載ってないでしょうから紹介したくなり

記事を読む

NO IMAGE

800年前の牛を鑑賞

牛が展示されていました。 いや牛の絵が展示されていました。 牛です。 鎌倉時代の牛です。 鎌倉時代に描かれた牛です。 鎌倉時代

記事を読む

NO IMAGE

北斎展 in 東京国立博物館(4)

美術評論家の山下裕二さんは、北斎のことを美空ひばりみたいな人だ と、「日本美術応援団」という本の中で書いています。 「下品」だというん

記事を読む

NO IMAGE

北斎展 in 東京国立博物館(3)

デビューから晩年までとてもよくまとまった展覧会でした。 北斎のすばらしい業績が伝わってきました。

記事を読む

NO IMAGE

北斎展 in 東京国立博物館(2)

あの混雑の中、一通りみて思ったのは、 努力の人なんだなあ、ということですね。 ひらめきの天才型という感じではないですね。 いや、な

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4
QLOOKアクセス解析