浮世絵を見る

午後にふと千葉市美術館へ。
浮世絵を満喫。たった200円。

東洲斎写楽の大首絵はやはりすごい。
内面の秘めた心、性格とか特徴を、簡単な線描で描ききるという奇跡。
前にも後にも現れなかった突然変異的人物画。

展示されている浮世絵はみな顔が同じでのっぺりしてて、
ちょっと飽き飽きしていたところに写楽が現れた。

そのせいもあって、やっぱり異質な絵だ。

いまでもそうなんだから、
当時は相当物議をかもしたんだろうと改めて思う。
あまりに時代の先を行っていたということだ。
すごいなあ。

個人像となっていたけど、
千葉市美術館としてはのどから手が出るほどほしい写楽。

一枚最低1億円はするからね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析