5月21日鑑賞、「江戸絵画の熱いなまざし」展(1) in 栃木県立美術館

久々に江戸の絵画がいっぱいみれる特別展でした。
私は桃山・江戸絵画が大好きなので、たくさん見れるとならばすっとんで見に行きます。
この日を楽しみにしていたのです。
タイトルは「江戸絵画の熱いなまざし」。
熱いまなざし・・。確かにこの日宇都宮は熱かった、じゃなくて暑かったです。
Tシャツに長袖一枚着てて良かった。

自宅を出たのが10時過ぎちょっと。
電車に長いことゆられ、東武宇都宮駅に着いたのが1時40分ごろ。

生まれて初めて訪れた宇都宮はひとこと感想を言うと、
「だいじょうぶかいな・・」
空いているテナントというかビルが目に付くんですけど。
もちろん一部しか見てないからなんとも言えないし、言っちゃ失礼。
まあ千葉駅まわりだってそんな感じか。
というか千葉駅周辺よりは大きい街だと思います。

そしてバスに乗る。片道200円。でも歩いても大丈夫だった。もったいない。
ただJR宇都宮と東武のとは結構距離があるので、JRで来た人はバスだろうと思います。

現地には1時半ごろ着けばいいかなと考えていたが、
結果約4時間。時計は2時半をまわろうとしていました。
JR乗ることも考えていたけど、うーんやっぱり東武線は時間がかかりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析