「国宝『随身庭騎絵巻』と男の美術」展を見て

0607010002.JPG
国宝の『随身庭騎絵巻』を実際見るのはこれで2回目です。
描かれた時期は鎌倉時代ですが、その絵巻に描かれている9人の随身たちは、
実在したと言われていますので、そういう話だけでもリアリティがあります。

興味深かったのは、その国宝の横に展示されていた2つの模写絵でした。
作者は狩野常信と猪飼正毅の2人でした。後者は知らなかったのですが、
2人とも江戸時代です。当時からかなり重要な作品だったのです。

あと幸運だったのは前田青邨の名作「洞窟の頼朝」を見る機会がありました。
なにしろ展覧会の題名が「男の美術」ですからね。

初めて観ましたが想像よりも大きさ作品で少々ビックリしました。
なかなか迫力ありました。

その他、英一蝶、伊藤若冲、曽我二直庵、酒井抱一、久隅守景などの絵画や、
勝海舟、西郷南洲(西郷隆盛のこと)の書画も展示されていました。
それにしても展示されている作品ほとんどすべてが大倉集古館所蔵なのは、
いまさらながら少し驚いてしまいました。

男の美術という命題よりもまず、大倉コレクションの深さを思い知った内容でした。
再度行くことはあまりないのですが、
これはかなり充実していたので、また行きたいと思っているのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析