[問2]猿を描かせたら名手と言われた江戸時代の画家は?

[問2]猿を描かせたら名手と言われた江戸時代の画家を一人選びなさい。

(1)円山応挙 (2)森鴎外 (3)森徹山 (4)森狙仙 (5)森光子

正解はこちら↓

(正解) (4)森狙仙

森狙仙(1747~1821)は江戸後期の画家です。円山応挙の影響を受けた写実系の画家です。
動物の描写に優れた才能を発揮し、特に猿は得意で「猿の画家」と言われたほどでした。
森徹山は狙仙の養子。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析