「 月別:2006年06月 」一覧

NO IMAGE

国宝「随身庭騎絵巻」と男(をとこ)の美術 大倉集古館(6/3~7/30)

開催内容 大倉集古館が所蔵する国宝「随身庭騎絵巻(ずいじんていきえまき)」(鎌倉時代)は平安末期及び宝治元年(1247)に実在した随身9名を

記事を読む

NO IMAGE

没後30年 高島野十郎展 三鷹市美術ギャラリー(6/10~7/17)

開催内容 高島野十郎(1890-1975)は、生前はまったくの無名でしたが、近年になって評価されるようになった画家です。東京帝国大学の水産学

記事を読む

NO IMAGE

「プライスコレクション 若冲と江戸絵画展」 京都国立近代美術館

開催内容 プライスコレクションは魅力的な江戸絵画コレクションとして世界的に有名です。特に伊藤若冲のコレクションはつとに有名です。これほどまと

記事を読む

NO IMAGE

狩野正信(かのう・まさのぶ) 1434?~1530?

生涯と解説 後に約400年続く狩野派の始祖と言われているのが、狩野正信です。 上総国伊北荘大野(いまの千葉県夷隅町大野地区)に生まれました

記事を読む

NO IMAGE

「美のかけはし-名品が語る京博の歴史」 京都国立博物館(7/15~8/27)

記事を読む

NO IMAGE

坂本繁二郎展 ブリヂストン美術館(6/16~7/8)

開催内容 洋画家の坂本繁二郎(1882~1969)の全貌を紹介する24年ぶりの回顧展です。150点の作品と20点の資料で構成されます。 主

記事を読む

NO IMAGE

「近代の美人画―その耽美と憂愁」うらわ美術館(~6/18)

記事を読む

NO IMAGE

「華麗なる木版画の世界 吹田文明展」 徳島県立近代美術館(9/2~10/22)

開催内容 吹田文明(1926-)さんは、徳島県阿南市で生まれた木版の版画家です。しかし従来の木版画と大きく異なる独自の世界を切り開きました。

記事を読む

NO IMAGE

「花鳥-愛でる心、彩る技 若冲を中心に」宮内庁三の丸尚蔵館(~9/11)

記事を読む

NO IMAGE

生誕120周年「藤田嗣治」広島県立美術館(8/3~10/9)

2006(平成18)年は藤田嗣治の生誕120年にあたります。これを記念して、このたび、その全画業を紹介する展覧会をはじめて開催します。 東

記事を読む

NO IMAGE

狩野永徳(かのう・えいとく) 1543 – 1590

生涯と解説 京都で生まれた安土桃山時代の絵師です。 狩野松栄の子であり、狩野元信の孫にあたり、 江戸時代の狩野派様式を確立させた狩野探幽の

記事を読む

NO IMAGE

葛飾北斎(かつしか・ほくさい) 1760-1849

生涯と解説 江戸時代後期の浮世絵師です。1760年(宝暦10年)9月23日に江戸本所割下水(わりげすい)、今の墨田区亀沢に生まれました。そ

記事を読む

NO IMAGE

青木木米(あおき・もくべえ) 1767-1833

生涯と解説 京都に生まれ、江戸後期に活躍した京焼の陶工であり、すぐれた文人画家でした。 永楽保全、仁阿弥道八とともに京焼の幕末三大名工のひ

記事を読む

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析