100円ロッカーは正しく使いましょう

とある美術館のロッカーへバックを預けようと、財布から100円玉を取り出そうとしたのだが、一つも無い。しかし50円玉があったので、なにを思ったのかバックを中に入れて50円玉をセットして鍵をかけようとした。


しかし予想外というかやっぱりと言うべきか鍵がかからなかった。その代わり50円玉が戻ってこなくなってしまったのである。なんとか自力で出そうとあれこれガチガチ動かしてみたが出てこない。しょうがなく恥を忍んで職員の女性に助けを求めた。

やってきた彼女も、なんとか50円玉を出そうと懸命に出そうとしたけども全然出てこない。100円玉とは大きさは違うが関係ないじゃないか、と思った自分が甘かった。
それでどうしたかというと、その女性にもう一つの50円玉を渡すことにして、
ロッカーで失った50円と合わせて100円になるから、それと交換に100円玉を頂いて、他のロッカーを使うことで事なきを得た。

ということでみなさんくれぐれも100円ロッカーに50円玉を使わないようにしてください。
ヘタすると破損ということにもなりかねません。

以上、マヌケな思い出ででした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析