歌川広重(うたがわ・ひろしげ) 1797-1858

江戸(文化文政)時代の画家。風景画を得意とした。
幼い頃から画才を発揮。
15歳頃、はじめ初代・歌川豊国の門をたたいたが門下生が満員だと断られ、
歌川豊広に入門したという。
そこで「豊広」の「広」をもらって「広重」と名乗った。

最初は役者絵・武者絵などを描いていたが、
次第に葛飾北斎の影響を受けて風景画に転向した。
代表作は「東海道五十三次」(1833年)で、永谷園のお茶漬け付録としても有名。
そのほかは「近江八景」「木曽街道六十九次」「名所江戸百景」など。
鮮やかな色彩、思い切った遠近法、大胆な構図。
雨や風などの立体的な描写力が広重絵画の魅力。

のちにヨーロッパの印象派画家たちに大きな影響を与え、
「名所江戸百景 亀戸梅屋舗」は、ゴッホが模写した事でも知られている。

「安藤広重」とも言われているが、それは父が安藤源衛右門で、
本人の本名は安藤重右衛門、ということで安藤家の生まれだからである。
しかしなぜゆえ、「安藤広重」と「歌川広重」の2つが
世間で出回ってしまったのかについては、
一つの理由として学校の教科書ではないかという説も。
一般に通称は「安藤広重」、
正式の画名は「歌川広重」であるというのが一般の見解。

■所蔵美術館

東京国立博物館
太田記念美術館
平木浮世絵美術館
日本浮世絵博物館
千葉市美術館
栃木県馬頭町広重美術館
神奈川県立歴史博物館
メトロポリタン美術館
ボストン美術館
ブルックリン美術館
オルセー美術館

(今後追加していきます)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析