青木木米(あおき・もくべえ) 1767-1833

生涯と解説

京都に生まれ、江戸後期に活躍した京焼の陶工であり、すぐれた文人画家でした。
永楽保全、仁阿弥道八とともに京焼の幕末三大名工のひとりです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
QLOOKアクセス解析